児島弘樹「あがり症改善プログラム」内容と方法【メンタル編】

 

 

では、このページでは「あがり症改善プログラム」の第1の柱、
【メンタル編】についてご紹介していきますね。

 

 

メンタル編の内容と方法

 

 

深呼吸

メンタル編では、心理セラピーの現場でも実際に行われている
催眠療法を用いたあがり症改善法を行っていきます。

 

この催眠療法は、普段まったく意識していない潜在意識に働きかけることで
あがり症を改善していく心理療法です。

 

「メンタル編」に取り組むことで、集中力が高まったり、自信が回復したりと
日常にさまざまな良い結果が生まれていき、
あがり症だけでなく、うつ病や引き篭もり、マイナス思考の方や
悪化した人間関係の改善などにも効果があるということです。

 

また、先にもご紹介したヒプノセラピー催眠療法の音声も用意されているので、
この音声を出来るだけ毎日聴くことであがり症を改善していきます。

 

 

00. はじめに【音声】

 

この音声では、児島弘樹さんの熱い想いが語られています。
トレーニングの目的を忘れそうになったときやサボりそうになった時には、
この音声を聴き直して初心に返るのもよさそうです。

 

ここでのポイントは「未来のあなたを想像してみてください」・・・
あがり症を改善したあとの、未来の自分の姿を想像してみましょう。

 

01. 催眠療法(ヒプノセラピー)【動画】

 

催眠療法(ヒプノセラピー)【動画】

 

この動画では、なぜヒプノセラピー(催眠療法)が、
あがり症改善に効果があるのかが解説されています。

 

もちろん「ヒプノセラピー(催眠療法)誘導音声」を
聴き続けるだけでも効果はあるのですが、
なぜ、ヒプノセラピーがあがり症改善に効果があるかという理由がわかれば、
さらに納得しながらトレーニングを続けることができますよね。

 

 

02. 1日たった15分聞くだけであがり症を改善!ヒプノセラピー(催眠療法)特別音声ファイル【音声】

 

リラックス

これが、このプログラムの「メイン」といえるものです。

 

1日15分ほどゆったりとした気分で聴くだけで、
催眠療法の効果であがり症を改善してくれます。

 

はじめのうちは音声に集中するのが難しかったり、
「これで集中できているのかな?」と不安に感じるところもあったのですが、
これは完全に「慣れ」の問題のようです。

 

私も毎日聴きつづけていく事で、
すんなりと催眠状態を実感できるようになりました。

 

 

03. あがり症をひどくする考え方、改善する考え方【音声】

 

あがり症の方人には、ある「共通した考え方」があるといいます。
ご存知でしたか?

 

人は、無意識のうちに思考を巡らせてるのですが、
あがり症の人には、その思考・考え方に、ある共通点があるんです。

 

逆に、あがり症を改善する考え方というのも存在していて、
この考え方を取り入れれば、あがり症は自然に改善の方向へ向かっていきます。

 

これら2つの考え方に対して、児島さんが解説してくれています。

 

 

04. あがり症を改善する考え方を習慣化する方法【音声】

 

前の章で、あがり症の人に共通する考え方、
そして、あがり症を改善する考え方について説明がありましたが、
この「考え方」というのは、一種の習慣なんですね。

 

あがり症を改善する考え方を理解した後は、
それを身につける、習慣化する必要があります。

 

ここでは、「あがり症を改善する考え方のコツ」が解説されています。
さらに、その考え方を習慣化するための2つの方法がご紹介されています。

 

 

05. 緊張をその場で解消する方法【動画とテキスト】

 

緊張をその場で解消する方法

 

エモーションはモーションから・・・つまり、感情は行動から影響を受けています。
逆に、行動を変えれば感情も変わるんですね。

 

あなたもきっと人前で話す時に、
緊張しないように、理性で抑えこもうとした経験があると思います。
でも、その結果といえば・・・あまりうまくいかないことの方が多いですよね。

 

しかし、理性と感情の間に「行動」をはさみ込むことで、
感情を変えることができるようになるんです。

 

その理由と具体的な方法について、動画とテキストで解説されています。

 

 

06. 自分で緊張を解消できる心理療法【動画とテキスト】

 

自分で緊張を解消できる心理療法 EFTデモ

 

 

実は、この方法だけでも高額な教材として販売されているケースが数多くあります。
その方法とは「EFT」と呼ばれる心理療法です。

 

欧米では、「あがり症」「うつ病」「パニック障害」「恐怖症」など、
メンタル面の治療や改善の方法として広く知られているのですが、
なぜか日本ではほとんど広まっていないのがこの「EFT」なんですね。

 

欧米では多くの医師が「なにか困ったことがあればEFTを試してみなさい」と言うくらい
その効果には信頼性があるようです。

 

心理療法というととても難しいもののように感じますが、
実際このEFTで行うことは、ある特定の言葉(フレーズ)を口にしながら、
身体のツボを、トントンと軽く指先で叩くだけ。

 

それなのに効果は絶大で、しかも超・即効性があります。

 

なんとなく緊張してきたな、とか、あがりそうだなと思ったら、
自分で軽くツボをトントンとタッビングするだけ。
それだけですーっとネガティブな感情が治まっていきます。

 

自分で緊張を簡単に解消できる心理療法「EFT」・・・
児島さんが実演している「デモ映像」も用意されていますので、
誰でも迷うことなく実践できるようになっています。

 

 

07. 人前で話すスイッチの作り方【動画とテキスト】

 

人前で話すスイッチの作り方

 

大勢の人前で話すことを想像すると、
突然不安になったり、恐怖を感じたりすることがありますよね。

 

児島弘樹さんによれば、これは「一種の条件反射」。
そして、心理学の世界では「条件反射は自分で作ることができる」とされているんですね。

 

この条件反射こそが「感情のスイッチ」であり、
「感情のスイッチ」を持っていると、一瞬で感情を変えることができてしまうんです。

 

そして「感情のスイッチ」は、多くの芸能人や著名人たちが
緊張度の高い大事な場面で使いこなしているというのです。
つまり、「感情のスイッチ」は、非常に強力な感情コントロールの方法なんです。

 

この章では「感情のスイッチ」の理論と作り方について詳しく解説されています。

 

「人前で話すスイッチを作るための誘導音声」も用意されていますので、
誰でもすんなりと「感情のスイッチ作り」を体感できます。

 

 

08. 人前に出るときのマインドセット【動画とテキスト】

 

人前に出るときのマインドセット

 

大勢の人前でスピーチをするような場合、
一番大きな不安は「失敗するのではないか」「恥をかくのではないか」、
そして「自分の話なんて大して中身がないし、誰も興味を持ってくれないのではないか・・・」という不安。

 

でも、事前に「肯定的」なイメージを植え付ければ
そんな不安も消し去ることが出来て、人前に立つことが楽しくなります。

 

では、その具体的な方法とは・・・?
準備から直前の心構え、本番で使えるテクニックなどがこの章で全て公開されています。
実は「合気道」の極意もすごく効果があるんですね。

 

児島弘樹さんが数多くのスピーチの場で学んで体系化した、
超実践的な考え方とスキルです。

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ 
あがり症改善プログラム〜1日たった15分・極度のあがり症を改善したある方法とは?

 

 

 

以上がメンタル編の詳細な内容とあがり症改善方法でした。

 

では次のページでは、あがりを消し、自信を取り戻したあなたが
・人とどう会話すれば好印象を与えることが出来るのか、
・人前でどんなスピーチをすれば高い評価を得ることが出来るのか
を解説した【スキル編】の内容をご紹介していきます。

 

 

当サイト限定特典付きのお申し込みは・・・

 

当サイトを経由して「あがり症改善プログラム」をお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

特典付きのお申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

公式サイトへ