弛緩法について

弛緩法

文字通り「体を緩める」方法です。

 

リラックス

 

テレビなどでも以前紹介されていたようですが
簡単にご自身でできるものをご紹介します。まず手を使った方法です。

 

1、いすに腰掛けて、膝のうえに手を置きます。
手は軽く握って下向きに置いています。
2、軽く目を閉じて、楽に呼吸します。
3、だんだん手に力を入れていきます。手の位置は変えず、
膝に置いたまま、手を握っている力をじょじょに強くしていく感じです。
4、このとき、握っている、力が入っている感覚を全身で
感じるようにします。
5、そのあと、力をふわっと抜いて解き放つ感じにします。
手を開いてしまってもかまいません。

 

弛緩法

 

つぎに肩を使う方法です。

 

1、いすに腰掛けて、膝のうえに手を置きます。
手は軽く握って下向きに置いています。(手のときと同じです)
2、軽く目を閉じて、楽に呼吸します。
(手のときと同じようにします)
3、そのまま肩を上にあげていきます。
8 割位のところまで上げます。
4、力が入っていることを感じたら、すーっと力を抜いていきます。
ガクッと急に肩を落とすのではなくて、すーっと抜くのがコツです。
5、ゆっくり呼吸をします。

 

緊張させているときと、力を抜いたときの落差を感じるのが
ポイント。回数は決まりはありませんが、
一日 5、6 回くらいを目安にやってみてください。

 

もちろん、本番前にやる事でも効果があり、緊張がほぐれます。
あがり症に悩む方は、全身が緊張していることも多いのです。

 

全身の筋肉が緊張しているのに、リラックスなど出来るはずがありません。

 

もし精神的なトレーニングをやっても効果がわからない時は、
知らず知らずのうちに全身の筋肉が緊張していないか確認して、
この弛緩法をお試し下さい。

 

 

関連ページ

耳ツボマッサージについて
心理カウンセラー児島弘樹氏の「あがり症改善プログラム」を実際に購入。あがり症を解消する即効性のあるテクニックをご紹介します。耳ツボマッサージについて。
本番前に夢中になれる事をしてみる
心理カウンセラー児島弘樹氏の「あがり症改善プログラム」を実際に購入。あがり症を解消する即効性のあるテクニックをご紹介します。本番前に夢中になれる事をしてみるのは効果あり?
鏡の前で笑ってみる
心理カウンセラー児島弘樹氏の「あがり症改善プログラム」を実際に購入。あがり症を解消する即効性のあるテクニックをご紹介します。鏡の前で笑ってみることの効果は?
丹田呼吸法について
心理カウンセラー児島弘樹氏の「あがり症改善プログラム」を実際に購入。あがり症を解消する即効性のあるテクニックをご紹介します。丹田呼吸法についてお伝えします。
指を握ってリラックス
心理カウンセラー児島弘樹氏の「あがり症改善プログラム」を実際に購入。あがり症を解消する即効性のあるテクニックをご紹介します。指を握ってリラックス